Go!KART! ゴーカート

みんなが楽しめるモータースポーツゴーカートのポータルサイト

Go!KART! TV

【ユタ編② ユタ・モータースポーツ・キャンパス~山道をこえて】アメリカのユタ州のサーキット制覇してみたwww 【世界のカート走】

投稿日:

Go! KART! の、海外専門の担当者です。文章が苦手、ドライビングはへたくそですが、冒険心(無謀ともいう)にあふれています。

前回の続きになります。あるあるですが、訪問した一件目のサーキットはなんと営業時間前・・・。営業時間までまっていたら他のサーキットを回れないので他のサーキットへ旅立ちました。

【ユタ編①まさかの・・・】アメリカのユタ州のサーキット制覇してみた www 【世界のカート走】

楽しみにしていた4輪併設のアウトドアサーキットへ (2/5)

ユタ・モータースポーツ・キャンパスは、昨年までは「ミラーモータースポーツパーク」と呼ばれていたようです。こちらの記事「米ユタ州のミラー・モータースポーツ・パークが今年の10月31日をもって閉鎖に」によると、昨年末でいったん閉鎖になっていたんですね!? 復活したのでしょうか、よかったです。

さきほどの北部から、ソロトレイク湖のわきの高速道路を走り、南部へと向かいます。どーんと広い砂漠の中の中を走り続けると、2時半ごろに、サーキットに到着しました。

やはり、4輪サーキット併設だけあって、とても広い!さらに、4輪サーキットもよく見ると、西コース2マイル・外部コース3マイル・東コース2マイルとやけに広い!日本のように山の中ではなく、砂漠の中ですので開放感が半端ないです。

ところが!またもや問題が発生。

門が閉まってる!!!

入れない。オープンは3時から・・・。

さっきのサーキットで開店を1時間待って、走行してから、移動したら、ちょうどよかったようでした。

こちらのサーキットは、先ほどと違い、絶対に走りってみたかったので、駐車場に車をとめて、お昼寝をしながら、開店を待つことにしました。

1時間ほどお昼寝をすると3時を過ぎになり、ゲートがオープンしました。

車を移動させて、サーキット内のカートトラックへ向かいます。綺麗な建物ですね。

受付には、サーキットのグッズや軽食の販売などがされています。

いつものごとく、受付の前にある、iPadで、レジストレーションを行い、受付で走行回数を伝えて、お会計をします。

最低でも3セッション走りたいところですが、アバラを痛めているため、今回は1セッション(10分)のコースを申し込みました。

 

受付に二名、コース内スタッフが数名、メカが数名と、ざっと数える限りスタッフが10人近くもいます。ところが、お客さんは誰もいません(笑)

今回は、マイヘルメットを持ってきていなかったので、レンタルヘルメットを借りました。アメリカのサーキットではよくあることなのですが、ネックブレースが装着必須です。日本で慣れていると意外なのですが、グローブを装着するサーキットはほとんどありません。

乗りたいという気持ちに負けてしまいましたが、ちょうど二週間前に痛めて、まだまだあばらが痛かったのです。なんとか、アメリカンなサイズのどでかいバケットと、広いサーキットに助けられて、縁石にのらないようにしたために、なんとかこなせました。

砂漠の中のサーキット、強い日光の影響で、路面もグラベルもどこもかしこもが、真っ白です。

まったく、サーキットの形を把握しないまま走り始めたのですが、一周目は、上記の一コーナーで、うっかり飛び出してしまいました!見た感じ前回でいけそうなのですが、さらにこのあとに、まわりこむコーナーが待っていました(汗

市内へ戻り「K1 Speedway」と「FASTKART Indoor Speedway」へ (3/5)

アウトドア走行を満喫して、次は市内へ戻り、インドアサーキット「K1 Speedway」と「FASTKART Indoor Speedway」へ向かいます。

BからCのサーキットは、直線距離では、15マイル程度と、高速があれば約15分で移動できる距離なのですが、間に山がありまして、ナビは山を迂回したルートを提案してきます。

酷道好きとしては、せっかくですから、山道を走りたいと思いまして、ナビを無視して、山道をショートカットしていくことにしました。

ひょえええーー、ダートな山道です。

車のエンジンが悲鳴をあげながら、踏んでもほとんど加速しない状態、冷や汗が・・・。

さらなる地獄が待ち受けていました。峠をこえた先の下り道は、舗装されているのですが、がけ側にはガードレールもなにもなく・・・車幅は普通に一車線。

途中のすれ違いでは、ひやひやでした。

高所恐怖症なので、車に乗りながらでも、冷や汗!発狂しそうになります。

恐る恐る徐行しながら降りていきます。

なんとか無事に、「K1 SPEED(https://www.k1speed.com/)」に到着しました。

こちらは、全米に35店舗もある、インドアのサーキットになります。

サーキット内は、照明がしっかりと設置されて、とっても明るい感じです。

中は、こんな感じで、本当にきれい!

家族で来ても、ゲームをしたり、ゆっくり飲み物をのんでくつろいだりなどできます。

誕生日会などができるミーティングルームがあります!

こちらは、インドアのサーキットによくありまして、誕生会だけではなく、コーポレートイベントなどにも使われているようです。

 

K1 SPEEDは、すべてインドアサーキットで、カートは電動カートです

 

電動なので充電に時間がかかるせいか、このように100台近いカートが準備されています。日本ではこんな数のカートはなかなか見ないですよね?記者は、初めて見たときには、びっくりしました。

ハンドルが、F1みたいで、ちょっとかっこいいですね!スイッチでリバースすることができます。

電動カートの走行性能ですが、このような感じで、結構速いですよね!ラジコンみたいなシャーって音を立てて走行します。

また、電動カートは、スタッフにより、リモートでスピード管理をしています。インラップや、チェッカー後、イエローフラグになると、強制的に徐行させられてしまいます。最初は、壊れた?!と、びっくりするかもしれません。

電動カートってどうなの?

ちなみに、みなさんは、電動カートに乗ったことありますか?

モーターなだけあって、トルクがフラットにでますので、車速が遅くてもアクセルを踏むとリニアに加速していきますので、コーナーで失敗して失速ぎみになっても速度回復が容易だったりします。さらに狭いので、遅い車を抜くのが、至難の業だったりします。

また電池が重心より後ろに積んであるからでしょうか、加速時にアンダーが超でます。特に、コーナーの途中からハンドルが残ったままアクセルを踏むと、車全体ががたがた揺れて、ぜんぜん加速しません。

ちなみに、シートベルトがあるせいか、浅いバケットシートで、アバラの両サイドにシートがありません。そのために、アバラにはいっさいダメージがなくご機嫌に乗れました。

今回は、アンダーな車の攻略方法を、へたくそな記者なりに考えました。奥までいって、きっちりブレーキをつかい車の向きをしっかり変えて、ハンドルを戻してから、加速していった方向で攻めます。個人的には、このタイプのカートは苦手なのですが、攻略方法がよかったのか、あばらに負担かけないように丁寧に乗ったのがよかったのか、1セッションしか乗れなかったのに、今週のベスト9に入りました!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Go!KART!編集部

Go!KART!編集部ではゴーカートにまつわる情報を配信します! こんな情報を発信して欲しい!等のリクエストも受付けますのでご要望がある方はお問い合わせよりご連絡ください!

-Go!KART! TV

Copyright© Go!KART! ゴーカート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.