Go!KART! ゴーカート

みんなが楽しめるモータースポーツゴーカートのポータルサイト

イベントレポート

初参加のチームもあり!フェスティカ栃木の3時間耐久!(前編)

投稿日:

FEC Rd.6バナー

FECスタート進行チーム紹介うさぎちゃんレーシング

皆さんこんにちは。Go!KART!レポーターの石栗です。

 

9/11(日)はフェスティカサーキット栃木さんの3時間耐久レースシリーズ、FestikaEnduranceChampionsip(以下FEC) 第6戦に参戦してきました!

 

エントリーは毎度おなじみ、『うさぎちゃんレーシング』です!ポイントリーダーで迎える第6戦ですが、前回優勝ハンデのピット回数+1を背負ってのレースです。

 

今回は逆走コースでの開催。フェスティカ逆走の1コーナーはなかなかチャレンジングでしたよ~!

 

フリー走行~受付~ブリーフィング

この日のFECは午前中開催でした。

 

受付開始は09:40でしたが、08:00~09:30までの間、FEC参加者は4,000円で乗り放題ができ、練習熱心なカーター達は朝からバトル練習!私は参加出来なかったのですが、レース前から皆楽しそうでした!

FEC前のフリー走行

朝っぱらからバトルバトル!

受付では、レースに使うアイテム一式と誓約書、ブリーフィング資料等が渡されます。

FECレース用の配布アイテム一式

ゼッケン2枚、計測器、ドライバー管理カード

FECブリーフィング中

ブリーフィングはいつも通り、いつもの顔が多いのでのんびりしています。

 

ただ、今回はGo!KART!のレース検索を見て参戦してきたチーム『GO』さんが初参加ということもあり、スタッフさんから比較的珍しい旗の説明等をしてもらいました。

 

FECブリーフィングフラッグの説明

白黒旗は警告旗。繰り返し受けるとペナルティ。

FECブリーフィングフラッグの説明

オレンジボール旗は車両異常や装備不良。ピットイン命令です。

Go!KART!を使ってレース参加してみようという方がいらっしゃるのは、レポーターとしても嬉しい限りです!

 

予選は25分間のタイムアタックに変更

本来のFECの予選はノックダウン方式ですが、この日も参加台数が6台ということで25分間のタイムアタックに変更となりました。前回はスーパーポール方式でしたが、全員で25分間アタックの方が、皆で戦っている雰囲気が出て良いですね~。

FEC予選走行開始

予選はマシンをシェアするのでペダル位置等を入念に確認。

と、ここで私、とんでもないミスに気が付きました・・・なんと、レース用と練習用のグローブをそれぞれ右手だけ持ってきてしまって、左手がない(笑)

グローブ間違えた!

がびーん・・・

幸い手のサイズが同じくらいのチームメイトとシェアすることが出来ましたが、皆さんもお気をつけ下さい。そんなことねーよというツッコミが来そうですが(笑)

 

予選結果は、最終ラップで7号車『チーム、J』さんにギリギリまで詰められましたが、辛うじてポールポジションを獲得!苦しいマシンでのポール獲得は上出来です!

FEC Rd.6公式予選結果

0.015秒差の僅差でポール!

 

決勝3時間耐久レースはトコロテン方式の駆け引き!

ポールは獲ったものの、かなり苦しいマシンであることはチーム全員同意見。FECはトコロテン方式ですから、早々にマシンを乗り換えるという作戦に出ます。

 

同じく予選で苦しいマシンに当たったのは4号車『チームパラダイス』さん。スタート前から2番手ドライバーがヘルメットを被って準備しているということは、うちと同じ作戦のようです。

 

ということは、オープニングラップで先にピットロードに飛び込んだ方がマシン交換出来るという勝負になります。この辺の駆け引きは、大人の耐久レースならではという感じで面白いです。

FECローリングスタート

6台でのローリングスタート!

うさぎちゃんレーシング』のスタートはのーりー選手。

 

スタート直後、やはりマシンは加速が鈍く、あっという間に2台に抜かれます。すぐ後ろには『チームパラダイス』さん。これに抜かれるとマシンチェンジも出来なくなってしまいますが・・・

 

・・・なんとか辛うじて1周目をこらえて、無事ピットレーンに一番で飛び込み、作戦成功!マシンチェンジして2走目のうさぎちゃん選手に交代です。

 

うさぎちゃん選手が順調に周回を重ねるかと思いきや・・・えっ?ハンドルから何だって??

 

3時間耐久レースはまだ始まったばかりですが、この続きは後編で!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

石栗 和春

F1好きが昂じてカートにハマり、2014年4月よりカートキャリアをスタート。 体重50kgの超軽量ドライバー故、得意なのは直線、苦手なのは重量ハンデ(笑) S.Vettel選手のRedBull時代のコスプレで関東各地のレースに出没中。

-イベントレポート

Copyright© Go!KART! ゴーカート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.