Go!KART! ゴーカート

みんなが楽しめるモータースポーツゴーカートのポータルサイト

イベントレポート レースレポート

17年続く伝統の一戦!〜タイムアタックチャレンジクラス〜(1)

投稿日:

CITYKART CUPブリーフィング

70回目の開催を迎えたCITYKART CUP

 

皆さんこんにちは。Go!KART!レースレポーターの石栗です。

 

 

7/24(日)は、私のホームコースでもあるシティカートの公式イベント、第70回CITYKART CUP (以下CKCUP)に参戦してきました。

2000年5月の第1回開催以降、17年に渡り殆どルール変更なく行われているCKCUP。ゴーカートイベントとしては伝統の一戦と評して良いでしょう。

 

イベントの流れ

CKCUPは、大きく3つ(耐久2ヒートで実質4つ)のイベントで構成されています。

  1. タイムアタック チャレンジクラス
  2. タイムアタック チャンピオンクラス
  3. 1時間耐久レース(前半組)
  4. 1時間耐久レース(後半組)

タイムアタックは個人戦、耐久レースはチーム戦です。

 

 

チャレンジとチャンピオンの違いは、ウェイトハンデの有無と、乗車カートの選定(チャレンジはくじ引き、チャンピオンは固定)という点です。

 

 

チャレンジクラスの優勝経験者は、次戦よりチャンピオンクラスにしかエントリーできません。

 

 

また、今回はチャレンジクラスに女性ドライバーが多数出走することになったのを受けて、13年振りに「レディースクラス」が復活しました!走行は男性と一緒ですが、女性同士の譲れない戦いにも注目です。

 

 

耐久レースの方式は、前半組と後半組に分けて実施されます。参加チームはくじ引きによってどちらに出走するか決まります。

それぞれ合計周回数で争う方式ですが、周回数が同じ場合は、通過タイムで順位が決定します。

 

 

詳しくは、公式ページをご覧ください。

 

使用するマシンは?

ゴーカート場ではおなじみの、イタリアbirel ART製 N35という車体に、スバル製200ccエンジンのスタンダードなパッケージです。

 

シティカートのマシン

birelART N35, SUBARU EX21

 

ですが、シティカートのマシンで特徴的なのはタイヤ。

普通は4輪とも同じ銘柄のタイヤを装着しますが、シティカートではマシンの操縦性を意図的に変える目的で、全然バラバラのタイヤを装着していたりします。

 

 

このおかげで、

「パワーはあるけど走りにくい車」

「パワーは無いけど高速コーナリングできる車」

「右コーナーは速いけど左コーナーでスピンする車!」

みたいなのも登場し、尚且つ、その日によってそのコンディションも違うため、乗りこなすにはそれなりの技量が必要になってきます。

 

 

これらのクセのある車を乗りこなし、どんなマシンでも安定したタイムを出せるドライバーが、CKCUPでは好成績を納めています。

 

ブリーフィングは超まったり!

CKCUPのブリーフィングは、私が知っている限り最もゆる~い感じで進行します。

 

CITYKARTCUP MC図師さん

毎回ズッピーこと図師さんがMCをつとめます。

 

当然、レースに関する諸注意事項の伝達はあるのですが、MCのズッピーさんこと図師さんがのんびりとした雰囲気を醸し出し、最近の時事ネタを挟みながら、初参加の方の紹介などで盛り上げてくれます。

 

CITYKART CUPブリーフィング

初参戦の人は自己紹介させてもらえる時間もあります。が、服は着ましょう(笑)

 

このブリーフィングでは、今日も頑張ろうというよりは、今日も楽しもうという気持ちになります。

 

チャレンジクラスは運も重要!

14:00スタートのCKCUP、まずはタイムアタックチャレンジクラスからです。

 

CITYKART CUP

準備するドライバー、上から観戦するドライバー。

 

チャレンジクラスは、5台のマシンからくじ引きで引いたマシンに乗ります。3回セッションがありますが、重複したらくじを引き直します。

 

CITYKART CUP チャレンジクラスくじ引き

常連は絵柄の消耗具合で読めるようになるとかならないとか(笑)

 

上述のように、シティカートのマシンは意図的に個体差を作っていますので、くじ引きで苦手なマシンにあたってしまうと、上位進出が難しくなります。

 

 

逆に、くじ引きで良いマシンを連続で引ければ、経験が浅くても上位進出が可能だったります。

 

 

そういう事情もあり、過去のCKCUPでは「優勝候補筆頭」と目されるドライバーが、最後のくじ引きでハズレを引いて準優勝だったり、「シティカート初走行」というドライバーがポンと勝ってしまったりということが何度もありました。

 

 

かく言う私も、「連続表彰台記録5回」という名誉なのか不名誉なのかわからない記録を持っています(笑)

 

見えない敵とのタイムバトル!

話を戻しますと、今回のチャレンジクラスは20名参加。使用するマシンは3,4,5,6,7号車。

直前の練習時間に見ていた限りでは、6号車だけちょっと難しい感じで、3,4号車が好調だったようです。

 

中嶋一貴 実使用スーツ着用のコジコジ

Go!Kart!レポーターのコジコジさん。このレーシングスーツは本物だそうです。

 

個人的に注目していたドライバーは、チームメイトの松井選手と、過去何度も表彰台に登りながら、いつも最後のくじ引きでハズレを引いてしまう悲運のドライバー政田選手。

 

 

1回目のセッションは、政田選手が33.576の圧倒的なタイムでトップを記録します。

松井選手は早速ポンコツ6号車を引き当てながらも、辛うじて33.912で追いすがります。

 

 

2回目のセッションで、政田選手が33.513を記録し、2セッションともトップタイム!

松井選手は33.656と迫りましたが、差を広げられてしまいました。

 

 

運命の3回目、政田選手は期待通り(?)持ち前のくじ運の悪さを発揮してポンコツ6号車(笑)それでもなんとか33秒台でセッション5番手タイムに踏みとどまりました!

対する松井選手はプレッシャーに負けたのか、34秒を切れず、セッション8番手タイム。ここで勝負は決しました。

 

 

この結果、優勝は政田選手!悲願の初優勝は初参戦から4年越しとなり、表彰式は皆拍手大喝采でした!

松井選手は3回目のタイムが響いて無念の4位。次は優勝目指して頑張ってくれると期待しています。

 

CITYKART CUP 70 チャレンジクラスリザルト

3セッションの平均タイムで勝負。政田選手が勝利!

チャレンジクラス結果

頭一つ抜けだした政田選手の完勝!

 

ということで、今日のレポートはここまで。

長くなりそうなので続きは次回レポートにて!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

石栗 和春

F1好きが昂じてカートにハマり、2014年4月よりカートキャリアをスタート。 体重50kgの超軽量ドライバー故、得意なのは直線、苦手なのは重量ハンデ(笑) S.Vettel選手のRedBull時代のコスプレで関東各地のレースに出没中。

-イベントレポート, レースレポート

Copyright© Go!KART! ゴーカート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.