Go!KART! ゴーカート

みんなが楽しめるモータースポーツゴーカートのポータルサイト

テクニック

荷重移動でタイムアップ!〜走行中の荷重の感じ方〜(2)

更新日:

こんにちは!Go!KART!編集部の窪田です。

 

今回もゴーカートの荷重移動についてレクチャーしていきたいと思います。前回の内容はこちら。「荷重移動でタイムアップ!〜そもそも荷重って何?〜(1)」

 

前回のまとめでお伝えさせて頂きましたが、ゴーカートに乗ったとき、もしくは日々の生活の中で荷重が移動しているんだ!ということを感じてみてくださいとお伝えしました。

 

みなさん、意識してみましたか?

 

今日は、その荷重の移動について、実際にゴーカートに走行している際に、どう感じ取るのか?をお伝えして行きます。

 

走行中は常にボーリングの球をイメージする!

コーナーを曲がっている最中のゴーカート

荷重がどこにあるのかを把握するために簡単なイメージをする方法があります。

 

それが、ボーリングの球をイメージしながら走ること。どういうことかと言うと、まずはこちらの図をご覧ください。

ボーリングの玉を載せているイメージのゴーカート

こちらゴーカートです。上が進行方向で、真ん中にある黄色い丸がボーリングの球です。

 

現在、停止している状態なので、ボーリングの球はセンターに置いたのでセンターにあります。ここから加速していったら、ボウリングの球はどうなりますか?

 

ボーリングの球を載せているゴーカートが加速した場合にボーリングの球が後ろに移動したという図解

このように、加速したらボーリングの球は後ろに移動しますよね。このボーリングの球の位置が、「荷重の載っている場所」ということになります。

 

もちろん、加速の仕方によって球の転がり方は変わりますよね。急加速すれば球の移動も速くなり、丁寧に加速すれば球もゆっくり移動します。

 

ブレーキを踏んだらどうなるでしょうか?もうお分かりですよね?

ボーリングの球を載せているゴーカートがブレーキを踏んだ場合にはボーリングの球が前に移動するという図解

ブレーキを踏めば、ボーリングの球は前へ=荷重は前に移動するということになります。

 

では、ここで質問。

 

下記の写真の場合は、荷重はどこにかかっているでしょうか?

12042853_632260536877559_1663169153929370559_n

前提条件は、ヘアピンカーブのクリッピングポイントの手前を走行しています。

 

想像出来ましたか?

 

答えはこちら。

ボーリングの球を載せたゴーカートが右カーブを走行している際には、左前にボーリングの球が移動するという図解

ヘアピンカーブという前提条件で、写真を見るとハンドルを右に切っていますね。そして、クリッピングポイントより手前ということは、まだ加速の状態ではない。

 

この2点を踏まえると、荷重は左前方にあると考えられます。

 

荷重をコントロールするには3つの操作だけ。

ゴーカートのステアリングハンドル

荷重をコントロールする=ボーリングの球の位置を調整するには、ドライバーがコントロールできるものは3つだけになります。

 

それが、「アクセル」「ブレーキ」「ハンドル」この3つになります。

 

ボーリングの球を左に持って行きたかったら、ハンドルは右に切りますね。

 

イメージしてみてください。

 

ハンドルを右に切った時は、横Gがかかって身体が左に倒れそうになりますよね。それが荷重が左に移動している証です。

 

シンプルだけど重要な荷重を常に意識する。

コーナーに進入しているゴーカート

荷重というのは、とてもシンプルな話しです。そして、速く走る上では欠かせない要素になります。

 

前回と今回のここまでで荷重の基本的な部分はお伝えしましたので、次回は、荷重の活用の仕方についてお伝えして行きたいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Go!KART!編集部

Go!KART!編集部ではゴーカートにまつわる情報を配信します! こんな情報を発信して欲しい!等のリクエストも受付けますのでご要望がある方はお問い合わせよりご連絡ください!

-テクニック

Copyright© Go!KART! ゴーカート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.