Go!KART! ゴーカート

みんなが楽しめるモータースポーツゴーカートのポータルサイト

中級者レポ

グリップ走行の基本はスローインファストアウト!(7)

更新日:

こんにちは、カート歴1年半の神谷です。
7月2日、炎天下の中行われたGo!KART!スクールに参加してきました。

 

 

前回のレポートはこちら!わかっていたけど、やっぱり難しいグリップ走行!(6)

 

グリップしないマシンに困惑!

1本目の走行、走り始めから感じたマシンの違和感、"全然グリップしない!!”。

 

 

前回で学習したグリップ走行を再度実践しようと思っていた矢先にズルズルと滑るマシン、

コーナー手前での減速をしっかりしようとブレーキを踏むとすぐにロック、強すぎたと思いブレーキを少し弱めると減速しきれずにオーバースピードでコーナーに進入してしまう。これを繰り返しながら走行終了。

 

 

ベストラップは34.721、他の周は35秒台と散々な結果でした。

 

 

滑りやすいマシンでも基本は同じ!いつもより丁寧に!

走行後にコーチからいただいたアドバイスは、マシンが滑りやすくても基本は同じ。
コーナーではスローインファーストアウト、タイヤが滑るなら手前からブレーキをかけて減速をしっかりすることが重要だということでした。

 

 

他の参加者に聞いた所、1本目に乗っていたマシンは滑りやすいらしく、グリップ走行に重点を置きたかったのでマシンを変えて2本目へ・・・

 

13528914_10154225252780675_6258648181534099150_n

タイヤは滑ってもインにつく事は忘れずに!

マシンを変えて再度グリップ走行に挑戦!

2本目はスローインファーストアウトを徹底するためにブレーキング時のハンドルの向きにも気をつけて、減速してからハンドルを切る事クリッピングポイントを意識しながら走行しました。

 

 

5コーナー、11コーナーのような緩いコーナーは直線的にラインをとる各コーナーでしっかりインにつくなどのアドバイスにも気をつけながら走行してベストタイム:34.696、他の周は34秒台後半から35秒台前半と1本目よりはマシになった2本目。

13600022_10154225255995675_4434200518235417820_n

5コーナーは直線的に走行

 

マシンを変えたことで1本目程滑らずに走行できたけど、ブレーキの踏み方が一定ではなく安定した走行ではありませんでした。

 

 

2本目のアドバイス・3本目の結果、続きはまた次回レポートします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Kazushiro Kamiya

ゴーカート暦1年半、月に1回くらいのペースで乗っています。 普段バイクに乗っているのでスピードには慣れていますが、性格的に感覚で走るタイプなので考えて走るのは苦手ですがタイムアップを目指して試行錯誤しています。

-中級者レポ

Copyright© Go!KART! ゴーカート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.