Go!KART! ゴーカート

みんなが楽しめるモータースポーツゴーカートのポータルサイト

ゴーカート用語解説

トコロテン方式

更新日:

トコロテン方式とは、一部のレンタルカートレースで用いられる、ピットインでのマシン乗り換え方式のことを指す。先入れ先出しのこと。

 

ピットインした車両は、ピット上の車列の最後尾に停車し、乗車してきた車両から計測器とゼッケンを取り外し、先頭に待機している車両にこれを付け替えてピットアウトを行う。

 

先頭車両がピットアウト後、車列は1台づつ前に詰められて、次の車両のピットインに備える。心太(ところてん)の作り方として後ろから前を押し出す様になぞらえて、トコロテン方式と呼ばれる。英語ではFirst in First out(FIFO)とも呼ばれる。

 

レンタルカートの車両は、全車両同じ車体、エンジン、タイヤで用意されているが、個体差が大きく、レース中にその有利不利を少しでも解消する意図で採用されるケースが多い。

 

しかしながら、車両台数が少ない場合は、レース中にどの車両が好調でどの車両が不調であるか、参加者も把握してしまう傾向にあり、耐久レースでは次に乗る車両が不調であることがわかっている場合に、どのチームもピットインせず、硬直状態となってしまうこともあるが、それも戦略含め楽しみのひとつと言える。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Go!KART!編集部

Go!KART!編集部ではゴーカートにまつわる情報を配信します! こんな情報を発信して欲しい!等のリクエストも受付けますのでご要望がある方はお問い合わせよりご連絡ください!

-ゴーカート用語解説

Copyright© Go!KART! ゴーカート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.