Go!KART! ゴーカート

みんなが楽しめるモータースポーツゴーカートのポータルサイト

ゴーカート用語解説

オーバーテイク

更新日:

 

オーバーテイクとは、コース上で前走車を追い越す行為のことを指す。パッシングと呼ぶこともある。

 

カートのみならず、モータースポーツ全般においてレース中の最もエキサイティングなシーンであり、ドライバーの腕の見せ所となる。

 

基本的にレース中はいつでもオーバーテイクしてよいが、イエローフラッグ区間ではオーバーテイク禁止というのが世界共通のルールとなっている。

レンタルカートのサーキットでは、コース幅が狭かったり、見通しが極端に悪かったりする危険な箇所に、『常時オーバーテイク禁止区間』を設けることもある。

 

また、オーバーテイクには、必ずリスクが伴う。オーバーテイクする相手と接触すればお互いのレースを台無しにするだけでなく、ペナルティを課されるケースや、最悪の場合怪我や車両の修理費等、代償が大きくつくこともある。

 

オーバーテイクの方法は多岐にわたるが、最も基本となるのは、ストレートで相手の横に並び、ブレーキのタイミングを相手よりも遅らせて、コーナーのイン側のポジションを相手より先に押さえる方法である。但し、この方法では通常の走行よりも減速する必要があり、またコーナーの出口でラインが苦しくなって加速が鈍るため、クロスラインで抜き返されてしまうケースもある。

 

カートレースにおいては、殆どの車両にバックミラーが装備されておらず、コーナー外側からオーバーテイクを仕掛けると、完全に相手の死角となり、コーナー出口で接触する危険性が高くなる。そのため、外側からのオーバーテイクを禁止行為としているレースも存在する。

 

様々なリスクや制約のあるオーバーテイクであるが、その分苦労して成功させたオーバーテイクは、ドライバーは勿論のこと、観衆も盛り上がる。モータースポーツの華、それがオーバーテイクである。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Go!KART!編集部

Go!KART!編集部ではゴーカートにまつわる情報を配信します! こんな情報を発信して欲しい!等のリクエストも受付けますのでご要望がある方はお問い合わせよりご連絡ください!

-ゴーカート用語解説

Copyright© Go!KART! ゴーカート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.