Go!KART! ゴーカート

みんなが楽しめるモータースポーツゴーカートのポータルサイト

ゴーカート用語解説

N-35

投稿日:

N-35とは、BirelART社が製造販売するレンタルカート専用のシャーシのこと。

かっては、1992年に発売されたヤマハ社のFK-9や、無限社のPKシリーズなどが、有名であった。

N-35Xは、BirelART社の前身Birel社から2005年に発売され、たくさんのレンタルカートサーキットに普及していった。しかしながらここ最近は、メンテナンス性などの理由から、SODIカートの導入が増えてきている。木更津サーキットやFドリーム平塚などはN-35XからSODIに切り替わった。

N-35Xは、旧来のレンタルカートシャーシやレーシングカートやスポーツカートなどの純スポーツ用のシャーシに比べると重たいが、他社のレンタルカートSODIカートに比べると軽量であり、レーシングカートに近い動きをする。そのためにベテラン勢には人気が高い。

N-35Xの製造会社

N-35Xを開発したのBirel社であったが、2014年にART社と合併したBirelART社が現在は製造販売している。

Birel社は、ヨーロッパでカートが人気になってきた50年代の終わりに、イタリアのミラン近郊のLissoneで自動車と自動二輪車のショップを経営していたUmberto Salaが、趣味のためにカート用シャーシを作りはじめたことからはじまった。Birelという名前は、彼のファミリーニックネームからつけられ、"e"にアクセントをつける。

ちなみに最初のBirelのシャーシをドライブしてレースに出場したのは、彼の兄弟であるGuido Salaであった。

BirelART社の歴史: http://birelart.com/about/history

アクセルリリース機能

大多数のN-35Xには、アクセルとブレーキを同時に踏んでしまわないようアクセルリリース機能が搭載されている。アクセルとブレーキを同時に踏むことで、低速コーナーで回転数を維持することはできるが、クラッチなどに負担をかけるため、レンタルカートで同時踏みをすることはご法度である。

N35ラインナップ

Birel社のWebサイト(http://www.birelartrental.com)によると、N35にはいくつかのラインナップがある。

N-35 XR RS

N-35 XR RS (C) BirelART

N-35 XR RS (C) BirelART

 

完全にカバーで覆われていた重量級モデルで重量は150kg。シート位置は80mm、ペダル位置は30mmの範囲で調整できる。重量級で燃費が悪いからか、燃料タンクは他のモデルと異なり12L。

公式サイト: http://www.birelartrental.com/projects/n-35-rs/

N-35 XR GT

N-35 XR GT (C) BirelART

N-35 XR GT (C) BirelART

 

ハーフカバータイプ。XR RSと比較すると、エンジン前面、シートのサイド、給油タンクサイドには、カバーがない。そのため重量は少し軽く145kg。XR RS同様にシートとペダルの位置は調整可能で、燃料タンクは10L。

公式サイト: http://www.birelartrental.com/projects/n-35-gt/

N-35 XR ST

N-35 XR ST (C) BirelART

N-35 XR ST (C) BirelART

リアの可動部分を保護するカバー以外は、装着されていない軽量モデル。重量は140kgと軽量なため、レーシングカートに近い操作感を楽しめる。

公式サイト:http://www.birelartrental.com/projects/n-35-xr-st/

N-35 X

N-35X (C) BirelART

N-35X (C) BirelART

 

さらに軽量の135kg。リアエンドの可動部分を保護する最低限のカバーのみ。シート位置は調整できない固定タイプ。ペダルは調整可能。

公式サイト:http://www.birelartrental.com/projects/n-35-x/

N-35 Twin

N-35 Twin (C) BirelART

N-35 Twin (C) BirelART

N-35 XR STをベースにした二人乗りのカート。面白いことに、イタリア製なのに右ハンドル。ロールバー、シートベルトと、パッセンジャー用のフットレストが装備されている。ステアリング位置は調整可能だが、シート位置は固定になる。重量は160kgだが、燃料タンクは5Lしかない。

公式サイト:http://www.birelartrental.com/projects/n35twin/

姉妹ラインナップ

N-32 J4T

N-32 J4T (C) BirelART

N-32 J4T (C) BirelART

 

主に身長1m~1m70cmまでの子供用のモデルで総重量は105kg。 調整可能なシートやペダルステアリングを備えて、可動部分を保護するリアカバーつき。

公式サイト:http://www.birelartrental.com/projects/n-32-j4t/

 

B-25 RT

B-25 RT (C) BirelART

B-25 RT (C) BirelART

 

25㎜径のパイプでできていて、ほぼレーシングカートに近いモデル。

公式サイト:http://www.birelartrental.com/projects/b25rt/

 

N-35 E-Kart

N-35 E-Kart (C) BirelART

N-35 E-Kart (C) BirelART

 

N-35 XR GTをベースし、Zero Motorcycles とBe Karting社と共同開発した、電気カートモデル。

FXS 75-5モーターであれば、57Nmのトルク、27馬力(20 kW)をたたき出します。80%充電状態で、約1時間20分走行できます。102Vで21kgのリチウムイオンバッテリが搭載されているが、1分未満で交換できる優れもの。

スマホアプリZero MotorcyclesアプリとBluetoothで連動可能で、充電残量などを通知可能。重量は165kg。

公式サイト:http://www.birelartrental.com/projects/e-kart/

N-32 J E-Kart

N-32 J E-Kart (C) BirelART

N-32 J E-Kart (C) BirelART

 

N-35 E-Kartをベースにしたステアリング位置が調整可能な身長1m-1m70cmまでの子供用モデル。重量は125kg。

公式サイト:http://www.birelartrental.com/projects/n-32-j-ekart/

 

N35日本一決定戦

ビレルN35というレンタルカートを扱っている日本全国のカートコースの選抜チームが参加して日本一を競う大会。

日本トップクラスのレンタルカートドライバーが集まる、N35乗りならいつかは出場したい大会です。

http://www.birel.jp/category/news/coc/

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Go!KART!編集部

Go!KART!編集部ではゴーカートにまつわる情報を配信します! こんな情報を発信して欲しい!等のリクエストも受付けますのでご要望がある方はお問い合わせよりご連絡ください!

-ゴーカート用語解説

Copyright© Go!KART! ゴーカート , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.